日経NETWORK 2002/05号

できごとズームイン ファイル交換ソフトで刑事処分
ユーザーに前科と罰金40万円 商用ソフトを公開しただけで著作権侵害
ファイル交換ソフトで刑事処分

 ファイル交換ソフト「WinMXウインエムエックス」(図1)を使った著作権侵害事件に刑事罰が下った。3月26日,京都簡易裁判所は昨年11月に逮捕されたさいたま市在住の専門学校生に罰金40万円の略式命令を下した。ファイル交換ソフトのユーザーが著作権侵害で刑事罰を受けたのは,世界でも初めてのことだ。(208ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
インターネットサービス > マルチメディア配信 > PtoPファイル交換サービス・ソフト*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
【記事に登場する企業】
コンピュータソフトウェア著作権協会
update:19/09/26