日経レストラン 2002/05/08号

特集2 2
“創作”は終わり!? 純和食の逆襲始まる
■■■和食ブームの行方

 伝統的な和食に、フォン・ド・ボーやバルサミコ酢など、海の向こうの味を取り入れた創作和食。“逆輸入”の創作寿司も、今が旬だ。こうした料理主体の和食ダイニングの出店はまだ続きそうだが、一方で、目新しさばかりを追求した内容に、「飽き」や「疲れ」を感じる人も増え始めている。 「スタイル先行で、味は二の次の店が少なくない。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1832文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
けんどん
西洋フードシステムズ
ゼットン
山田屋
update:19/09/27