日経レストラン 2002/05/08号

BOOKS 3 築地魚河岸猫の手修業
河岸(かし)の魅力に 取り付かれたわけ
築地魚河岸 猫の手修業

 東京都中央卸売市場築地市場。通称「かし(河岸)」と呼ばれるこの場所に店を構える仲卸(なかおろし)へ通う内、その魅力にハマって包丁持参で押しかけ弟子入りをし、掃除や鯛のウロコ引きを手始めに、気が付くと4年間も魚屋修業してしまったというフリーの女性記者が書いた本だ。その間に見たこと、聞いたこと、さらには古書で調べた魚河岸の変遷までをも軽快に描いている。(82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:463文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
【記事に登場する企業】
講談社
update:19/09/27