日経SYSTEMS 2002/05号

オープンレポート 解説
解説●「セキュリティ情報」提供サービスの生かし方
新規参入を加えサービス内容も充実,ただし受け取った情報を生かす体制作りが必須

セキュリティ・ホールに関する情報を有償で提供するサービスが相次いで登場している。新着情報をメールで配信してくれるほか,過去の情報をWebから検索できるので,情報収集の作業負荷を軽減できる。ただし,あくまでも情報を提供してくれるだけなので,活用するための体制作りが欠かせない。(72〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5008文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > ニュース・情報配信 > 情報提供サービス
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
【記事に登場する企業】
アイ・ディフェンス・ジャパン
ソフテック
ネットワークセキュリティテクノロジージャパン
三井物産
ラック(セキュリティ)
update:19/09/24