日経SYSTEMS 2002/05号

オープンレポート
ブロードバンド向けコンテンツ配信サービスが登場
ISPに直接配信して大容量を確保,会員管理や課金管理機能も提供

ブロードバンド対応のコンテンツ配信サービスが相次ぎ登場した。ユーザーが接続するISPに直接コンテンツを配信するため,特にリッチ・コンテンツ配信時に高い実効速度が期待できる。ただし,現時点では利用できるISPが限られる,コンテンツを動的に生成できないなどの制約も残る。 ブロードバンドに対応したコンテンツ配信サービスが,相次ぎ登場している。(80〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2201文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > xDSL接続サービス*
インターネットサービス > マルチメディア配信 > その他(マルチメディア配信)
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > xDSL接続サービス*
【記事に登場する企業】
IIJ(インターネットイニシアティブ)
NTTブロードバンドイニシアティブ
東京通信ネットワーク(TTNet)
update:19/09/24