日経SYSTEMS 2002/05号

特集 ランニング・コストを見直せ
ランニング・コストを見直せ
参照系と更新系を分離し, 保守・監視の最適化を図る

アクセス数の増加,求められる信頼性の変化などに応じたシステム拡張が,思いのほかコストを増大させているからだ。設計から見直す,保守契約を見直すなど各社の対応は様々だが,基本方針は同じ。投資すべき部分への集中化である。要件を押さえ,コストとの関連を考慮して決定する。しかし実践は容易ではない。要件,設計,運用,コストの関連を把握する必要がある。(84〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:394文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
update:19/09/24