日経SYSTEMS 2002/05号

特集 障害監視 ランニング・コストを見直せ
自動化とアウトソースの利用がカギ
●障害監視

 サーバーの監視は,監視内容,監視項目数,サーバー台数,連絡方法などによって,コストが変わってくる。まず監視内容は,サーバーがダウンしていないか,プロセスがダウンしていないか,アプリケーションが正しく動作しているか,といったレベルに分けられる。 は,サーバーからのIPレベルの応答速度を調べる「ping」を使って監視できる。(102〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3539文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
【記事に登場する企業】
伊藤忠テクノソリューションズ
サイトロック
住友林業
マイトリップ・ネット
update:19/09/24