日経SYSTEMS 2002/05号

特集 セキュリティ対策 ランニング・コストを見直せ
レベルを決めアウトソースを適切に使う
●セキュリティ対策

 セキュリティは“できるだけ安全に”という要件では,コストは膨らむばかりだ。東京カンテイが不動産情報を顧客に提供する「カンテイ・データナビ」において行ったように,必要なレベルを見極め,自社とアウトソースを適切に使い分けたい(図14)。 同社の基本的な監視としては,フリーのログ分析ツールAnalog*13を使ってリクエスト不成功レポートを毎日見る,などがある。(106〜109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4729文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
東京カンテイ
マイトリップ・ネット
ラック(セキュリティ)
update:19/09/24