日経SYSTEMS 2002/05号

活用&選択 フリーの稼働監視ツール 必要な機能,用途を見極めれば,日常監視に
フリーの稼働監視ツール
必要な機能,用途を見極めれば, 日常監視には十分使える

単機能の製品が多いため,複数のツールを組み合わせて監視目的を満たす工夫が必要。サポートの不足は,マニュアルが充実している,メーリング・リストが活発,バージョン・アップが継続されている,などの条件を満たしたものを選べばある程度回避できる。機能や用途は限定されるが,サーバーやサービスの稼働状況,トラフィックの監視などであれば十分有効である。(116〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9554文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
情報システム > サーバーアプリケーション > その他(サーバーアプリケーション)
【記事に登場する企業】
一件楽着インターネットサービス
イー・アクセス
マイトリップ・ネット
update:19/09/24