日経SYSTEMS 2002/05号

ソリューションの軌跡 スペースアルクのeマラソン
オブジェクト指向のチーム開発で 大量コンテンツの短期開発を実現
スペースアルクのeマラソン

eラーニング・システムは教材コンテンツの作り方次第で,工数が膨大に膨れ上がる。中でも受講者の行動履歴に応じてページをダイナミックに生成するスペースアルクのeマラソンは,通常の数倍の教材コンテンツを必要とした。開発言語をPL/SQLからJavaに切り替え,チーム開発体制を確立することで,工数の削減に成功した。(128〜133ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6577文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > eラーニング > eラーニング全般
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
【記事に登場する企業】
スペースアルク
update:19/09/24