日経SYSTEMS 2002/05号

オープンセミナー 新人SEのためのUML入門 第2回●UML図の読み方と書き方
9種の図の簡単な読み書きをマスターし, 思考の道具として気軽に使ってみよう
新人SEのためのUML入門  第2回 UML図の読み方と書き方

UMLにはシステムの静的な側面を示す図,システムの動きを説明する図,システムの構成などを説明する図があり,システムをさまざまな視点から分析し,その結果を図示することができる。今回は,クラス図,ユース・ケース図,ステート・チャート図などのUMLの全図の表記法を説明する。説明するのは図記号や矢印の意味などの表記上のルールで,難しい理屈は無い。(140〜147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9453文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
update:19/09/24