日経SYSTEMS 2002/05号

オープンセミナー 新人管理者のためのセキュリティの基礎 第2回●最低限必要な設定と日々の運用(W
デフォルト状態は危険だらけ 不要な機能を削除し設定を変更する
新人管理者のためのセキュリティの基礎  第2回 最低限必要な設定と日々の運用(Windows 2000編)

Windows 2000は,デフォルトで多くのコンポーネントやサービスがインストールされている。サーバーの使用目的やポリシーに合わせて不要なものを削除しなければ,侵入口として“悪用”されてしまう。アクセス権限も,侵入された場合に備えて厳格にしておきたい。管理者のアカウントやシステム・フォルダは,デフォルトのままでは標的になる。(148〜155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11981文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
情報システム > サーバーOS > Windowsサーバー*
update:19/09/24