日経レストラン 2002/06号

トレンド食材ガイド 1
新タイプのさわやか日本酒

日本酒の種類が増えている。アルコール度が低く、フルーティでワインのような味わいのもの、シャンパンのような発泡性のものなど、従来の「日本酒」のイメージとは違うタイプが次々と出ている。いずれも、日本酒が苦手な人でも美味しく飲めるのが特徴だ。増える発泡タイプ 最近、従来の日本酒とは違った風味の商品が増えている。(170〜172ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3242文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
亀萬酒造
神戸酒心館
小林酒造
末廣酒造
update:19/09/27