日経レストラン 2002/06号

FoodBusiness21
はんだや(仙台市、定食店16店)
360円でともかく「腹いっぱい」に サービスそぎ落とした“究極のめし屋”

 仙台の学生の間で、「知らぬはモグリ」と言われる定食店がある。「めしのはんだや」だ。その圧倒的な安さにより、学生や会社員を大量に集客。仙台の11店に、実に人口の1%に当たる1万人が毎日来店するほどだ。 客単価は360円。煮魚120円、かき揚げ40円、ギョウザ80円、かけうどん100円、ラーメン180円……とにかく安い。牛丼は200円で、「吉野家」も顔負け。ごはんは「小」で80円。(76〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3239文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
はんだや
update:19/09/27