日経レストラン 2002/06号

にっぽん繁盛記 2
田むら 本店 (甘味処、さいたま市)
母娘三代を魅了 手作り甘味で月商1000万円以上 女性が一息つける老舗の“和カフェ”

 駅ビルや百貨店が立ち並ぶ、JR大宮駅。その東口に程近いところに、月商1000万円以上を売る繁盛甘味処「田むら」はある。店は、細い商店街から少し横道に入ったところにあり、駅から徒歩2〜3分だが、好立地とは言い難い。にもかかわらず、平日でも250人以上、休日なら500〜600人のお客で賑わう。 来店するお客の約9割が女性。しかも、9割がリピーターだ。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2347文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
田むら
update:19/09/27