日経SYSTEMS 2002/06号

オープンレポート
ボトルネック分析に向かう統合運用管理ツール
WWWシステムに限れば期待できる,監視項目・頻度の設定には注意が必要

統合運用管理ツール・ベンダーが相次いで,製品体系を一新した。共通するのは「サービス・レベル管理」機能の強化。エンドユーザーの視点からレスポンス・タイムやダウンタイムといったサービス・レベルを定義し,違反した場合にはその原因を突き止めるまでの機能を提供し始めた。(97〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4281文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > Web配信・配信補助サーバー
【記事に登場する企業】
日本チボリシステムズ
日本ヒューレット・パッカード
日立製作所
update:19/09/24