日経SYSTEMS 2002/06号

InfoPack 新製品
Tivoli Service Level Advisor
SLAに基づいた運用監視 を支援する管理ツール

 システム障害を事前に予測する「ビジネス・インパクト管理」機能を搭載した運用管理ツール。SLA(Service Level Agreement)に準拠した管理を容易にする。監視データを一度データベースに格納してデータ・マイニングを実施。システムのパフォーマンスを「障害回復時間」や「遅延時間」などSLAで設定する項目に分類する。システム管理のレポートはWWWブラウザで閲覧可能。(262ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
【記事に登場する企業】
米IBM社
日本チボリシステムズ
update:19/09/24