日経SYSTEMS 2002/06号

オープンレポート 解説
事例●企業間の調整作業を自動化し,人の介在を無くす
稲畑産業のインターネットを使った企業間連携システム「i−BiG」

商社の稲畑産業がBtoBシステムを構築した。相手先システムが管理する情報をあらかじめ集め,その情報にアクセスすることで,いつでも企業間取引ができるようにした。情報収集にはファイル転送のほか,SOAPを利用する。SOAPの安全性の問題は,独自のセキュリティ・ソフトで克服する。(88〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5291文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > 調達・購買システム > 電子調達システム*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
【記事に登場する企業】
稲畑産業
update:19/09/24