日経Windowsプロ 2002/07号

ニュース
落ち着く気配のないMSのセキュリティ問題 またもや大量のぜい弱性が各種製品で発覚

 セキュリティ向上のためにソース・コードの見直し作業「Security Push!」を進めるマイクロソフトだが,ここ1カ月ほどで8件ものセキュリティ警報やウイルス対策情報が出た(表)。深刻度の高いセキュリティ・ホールも含まれており,早急にパッチを適用する必要がある。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1670文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:19/09/25