日経Windowsプロ 2002/07号

特集1 移行の決断迫られるNT Serverユー
移行の決断迫られる
NTからWindows 2000 Serverへ[構築編]

■Windows NT Server 4.0がマイクロソフトの手によって,製品寿命を迎えようとしている。部門単位で手軽に導入できるメリットを理由に,NT Serverを導入したユーザーは多かった。ところが,マイクロソフトやベンダーのサポートがなくなり,ハードにも寿命が来ているいま,そろそろWindows 2000 Serverへの移行の決断を迫られている。(84〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:442文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーOS > Windowsサーバー*
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:19/09/25