日経Windowsプロ 2002/07号

事例で見るWindowsソリューション
世界のグループ企業との連結経営を強化 各地のシステム群を日米欧3極に統合へ

ミノルタは,北米,ヨーロッパなどに拠点を置くグループ会社との連結経営を強化する基幹システムの実現を目指していた。全世界において,いつでも製品の販売状況,経営状態を把握できるようにするためだ。これまで長年使っていたR/3をバージョンアップすることに決めたが,R/3の場合,ときに「バージョンアップ=全面再構築」を意味する。(112〜114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4514文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > サーバーOS > Windowsサーバー*
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
【記事に登場する企業】
ミノルタ
update:19/09/25