日経SYSTEMS 2002/07号

オープンレポート 解説
解説●運用コスト削減狙い,DB監視サービスが相次ぎ登場
エラー時/性能低下時の付加サービスが充実。ただし非定型の業務には対応が困難

遠隔地からデータベース(DB)を監視するサービスが急増している。“DBの管理コスト”に悩んでいるユーザーがターゲットだ。日常監視業務の面ではコスト・メリットはあるが,定型的な問題の一次切り分けまでが限度であることを知って利用したい。各サービスは監視項目や方法に差は少ない。必要な付加サービスを提供しているかが選択のポイントになる。(104〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4703文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
アシスト(IT)
日本オラクル
ネットベイン
update:19/09/25