日経SYSTEMS 2002/07号

オープンセミナー 新人管理者のためのセキュリティの基礎 第4回●ファイアウオールで防げる攻撃,防
アクセス制御の効果と限界を見極め 正しい設定と監視を行う
新人管理者のためのセキュリティの基礎 第4回 ファイアウオールで防げる攻撃,防げない攻撃

ファイアウオールの主な方式には,「アプリケーション・ゲートウエイ」,「パケット・フィルタリング」,「ステートフル・インスペクション」がある。用途に応じて選択しよう。いずれも,禁止しているアクセスによる攻撃は回避できるが,公開しているサービスに対する攻撃は防げない。効果と限界を認識しよう。(174〜181ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10131文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
【記事に登場する企業】
インターナショナル・ネットワーク・セキュリティ
update:19/09/25