日経Windowsプロ 2002/08号

BizTalkで学ぶ初めてのシステム連携
第3回 EAIシステムの個別開発プロセス
アプリケーション連携に必要な アダプタなどを具体的に定義

●前回から,実際にBizTalk Serverを導入したユーザーの例を使って,社内のアプリケーションを統合するシステムの構築手法を解説している。●今回は個別設計プロセスについて説明する。個別設計プロセスでは,連携する各アプリケーションとの具体的な接続モデルを決定する。(100〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7425文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > システム設計・開発 > システム統合
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:19/09/25