日経Windowsプロ 2002/08号

注目のフリー/シェアウエア
共有フォルダやファイルへの アクセスを監視するツール

システム・ファイルや共有フォルダやその中のファイルなどへの不審なアクセスをチェックできるため,セキュリティ・ツールとして有効。 システムへの不正なアクセスを防止するためには,しっかりしたセキュリティ・ポリシーのもとに,ファイルやフォルダの不正な改ざんを起こさせない仕組み作りと,万一,不正アクセスが起こっても迅速に察知できることが重要である。(178〜180ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2414文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
R&Iメセナ
update:19/09/25