日経Windowsプロ 2002/08号

事例で見るWindowsソリューション
Windows 2000を将来のデファクトと判断し JALグループ全体のプラットフォームに採用

日本航空(JAL)は,カンパニー制の導入や分社化などで推進してきたグループ経営を強化する新しい基幹系システムの構築が求められていた。一方,情報系でも部門やグループ各社によってシステム化にばらつきがあり,効率的に連携作業をすることが難しかった。(80〜82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4414文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > システム設計・開発 > システム統合
情報システム > サーバーOS > Windowsサーバー*
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
日本航空
update:19/09/25