日経エレクトロニクス 2002/09/09号

Interview
——規制の矛盾を突く 駅の2.4GHz帯は 誰のもの 真野 浩氏 モバイルインターネットサービス 代表取締役社長

無線LANによる「どこでも使える」移動体通信サービスの提供を標榜して登場したベンチャー企業MIS(モバイルインターネットサービス)。しかし,基地局を駅に設置するよう求めていたJR東日本(東日本旅客鉄道)との交渉が決裂。両社の調停に当たった総務省は,2002年7月にMISの言い分を認めない結論を下した。逆風下の同社を率いる真野浩氏に聞いた。(208〜210ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4891文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向け無線インターネット接続サービス > 公衆無線LANサービス*
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
総務省
電気通信事業紛争処理委員会
モバイルインターネットサービス
update:19/09/26