日経エレクトロニクス 2002/09/09号

特集 中国の技術者、世界へ
動き出す日本人技術者 得意技術を武器に 中国に負けない個性を発揮

 2002年1月,上海で中国初の半導体ファウンドリーの巨大工場が産声を上げた。中芯国際集成電路製造有限公司(Semiconductor Manufacturing International Corp.(SMIC))がLSIの量産を開始したのだ。(143〜147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9152文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > その他(CPU・LSI製品・技術)
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > 素材(半導体関連)
ビズボードスペシャル > 素材 > 素材(半導体関連)
【記事に登場する企業】
中国・グッドアークエレクトロニクス社
J−SiPウォルトン
中国・セミコンダクター・マニュファクチュアリング・インターナショナル社
東芝
日立製作所
中国・北京NEC集成電路設計有限公司
update:19/09/26