日経SYSTEMS 2002/09号

オープンレポート
社内でパッチ配布を管理する無償ツールMSUS
パッチ適用体制の構築に有効だが,制限や注意点が多く小規模環境向け

マイクロソフトは2002年6月,Windows Updateと同じ仕組みを社内で実現する無償ツール「Microsoft Software Update Services」を提供開始した。パッチの適用体制を構築するためのツールとして使えるが,配布できるものに制限がある,適用状況の確認機能が弱い,などの注意点がある。(93〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3749文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > IT資産管理*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:19/09/25