日経SYSTEMS 2002/09号

活用&選択 Webサービス ツールの充実で導入が容易に,適用範囲と注
Webサービス
ツールの充実で導入が容易に 適用範囲と注意点も見えてきた

SOAP,WSDL,UDDIなどの要素技術を利用したシステム間連携の仕組み。米IBM,米Microsoft,米Sun Microsystemsなど多くのベンダーが採用を表明し,W3Cなどでの標準化も進んでいる。メリット:プロトコルであるSOAPは,XMLとHTTPなどの既存技術の組み合わせに過ぎない。システム間連携に関連する部分だけを簡潔に定義したシンプルな規格であることが最大のメリット。(134〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:13147文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > Webサービス
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > Webサービス
update:19/09/25