日経SYSTEMS 2002/09号

ソリューションの軌跡 ライオンの営業支援システム「ALWAYS
情報システム部とユーザーが共同で設計 DBMSの標準機能だけで多次元分析
ライオンの営業支援システム(ALWAYS−1)

ライオンは営業体制の見直しを機に,営業支援システム「ALWAYS−1」を構築した。プロジェクト・チームに現場の営業担当者を加え,業務フローの洗い出しから着手。約9カ月かけて機能要件を絞り込んだ。RDBMSにはMicrosoft SQL Server 2000を採用。付属のOLAP機能を活用し,8000万件に上る販売実績データの多次元分析システムを構築した。(148〜151ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4947文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > データ分析システム*
情報システム > 基幹業務システム > データ分析システム*
情報システム > 営業支援システム > その他(営業支援システム)*
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
ライオン
update:19/09/25