日経SYSTEMS 2002/09号

ブックレビュー 新刊
COBOL2002解説

2002年末に国際規格およびANSI(米国規格協会)規格として制定が見込まれているCOBOL言語の第4次規格(COBOL2002)に関する書。第1章では,30年以上のCOBOLの歴史と概要を説明する。第2章〜第12章では,149の追加項目と40の変更項目から,オブジェクト指向機能,マルチオクテット文字処理,ビット操作機能,画面処理,データ妥当性検査機能——など主要なものを解説する。(251ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:360文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
update:19/09/25