日経SYSTEMS 2002/10号

DB/APサーバー活用の勘所 セイコーエプソンの「ちえたま」
フレームワークにフリーを選択 リスクを考慮し製品版も視野に
セイコーエプソンの「ちえたま」

 セイコーエプソンは2002年3月,社内ポータル・サイト「ちえたま」を稼働させた。各事業部のホームページやロータス ノーツのアプリケーション,社外のWebサイトなどの情報を,パーソナライズ化して提供することが目的である。2002年8月末現在で約2800人が利用登録する大規模なシステムである。(128〜130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3972文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > EIPおよび構築ツール*
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > EIPおよび構築ツール*
【記事に登場する企業】
サイオステクノロジー
CSKホールディングス
Jakartaプロジェクト
セイコーエプソン
update:19/09/25