日経SYSTEMS 2002/10号

ネットワークの最適解 日清紡の新ネットワーク
コストと運用面で広域LANを採用 バックアップの廃止でトラブルも
日清紡の新ネットワーク

 日清紡は社内のネットワーク構成を見直し,従来のフレーム・リレーと専用線を中心としたネットワークから,広域LANとイーサネット専用線を中心としたネットワークに移行した。 移行のきっかけは,旧ネットワークにおいて「遅い」というクレームが増えたことである。ただし,単純に帯域を増やしてはコストが跳ね上がってしまう。(125〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3294文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > 広域Ethernetサービス*
【記事に登場する企業】
日清紡ホールディングス
パワードコム
update:19/09/25