日経ESG 2002/12号

トレンド・アンド・ニュース サステナビリティ社
ナイキ敗訴が与える影響 企業にとって情報開示は得か損か?
フランチェスカ・ミューラー ジョン・エルキントン(写真)

エンロン事件を受け、欧米では企業による報告書の作成と公表が再び注目を集めている。一方で、ナイキに対するカリフォルニア州最高裁の判決は企業の情報開示に影を落とした。情報開示は得か損か?  一部の米国企業は、ジレンマのなかで身動きできない状態に陥っている。 2002年5月初め。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1714文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
【記事に登場する企業】
米ナイキ社
update:19/09/24