日経ESG 2002/12号

トレンド・アンド・ニュース 環境法
廃棄物処理法の抜本改革は見送り 環境省は現実路線に変更?
環境法

処理施設の設置に関する許可制度を合理化するなど、産業界にとっては評価できる内容となった。 「大山鳴動ネズミ一匹」。現在、環境省が進めている廃棄物処理法の見直しについて、こうした感想をもらす専門家は少なくない。 環境大臣の諮問機関である中央環境審議会の廃棄物・リサイクル部会は昨年9月から、来年の通常国会での法改正に向けて検討を重ねてきた。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1842文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
【記事に登場する企業】
環境省
中央環境審議会
日本経済団体連合会
update:19/09/24