日経ESG 2002/12号

リポート 食品不信
信頼性回復をどう進めるか ヨーカ堂、生協は独自路線も
食品不信

 今年9月、西友の2店で外国産食肉を国産とする虚偽表示があったと発表された。食品不正表示事件はいつまでたっても終息しない。 「消費者は表示しか頼れる情報がない。(47〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4921文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
【記事に登場する企業】
イトーヨーカ堂
厚生労働省
日本生活協同組合連合会
農林水産省
update:19/09/24