日経ESG 2002/12号

リポート 第2回「持続可能性調査」食品製造業編
原材料、生産工程の見直し進む 環境重視で変わる食品製造
第2回「持続可能性調査」食品製造業編

 食品関連産業は他の業界と比べ、消費者とのかかわりが深い。製品の安全対策や情報開示等を含む環境への取り組みは、社会的にも強く求められている。こうした視点から、第2回持続可能性調査では、食品製造業と食品関連小売業を対象に、「拡大生産者責任」と「持続可能性」への対応動向を探った。調査結果の分析は、それぞれ2回にわたり紹介する。(53〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6214文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
【記事に登場する企業】
佐野環境都市計画事務所
update:19/09/24