日経ESG 2002/12号

環境ゼミナール ゼロエミ通信簿
自動計量装置でコスト意識を徹底 年間200tの有価物を生み出す
「ホンダ・浜松製作所」

ホンダ・浜松製作所は、分別の徹底と一次処理の工夫により、売却可能物の増加に成功した。 2000年8月、ホンダは国内7カ所の工場すべてでゼロエミッションを達成した。同社のゼロエミの基準は、社外での埋め立て処分をなくすことで、1997年当初の計画よりも1年前倒しで完了した。 7工場のなかでも難易度が高かったのが、2000年3月にゼロエミを達成した浜松製作所。(70〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2712文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
【記事に登場する企業】
ホンダ
update:19/09/24