日経ESG 2002/12号

環境ゼミナール 我が社の温暖化対策術
新技術を駆使して20%の省エネ実現 モデル店鋪で費用対効果を検証
アレフ 「びっくりドンキー泉松森店」

 生ゴミのリサイクルが軌道に乗りつつあるいま、同社が本格的に力を入れ始めたのが省エネルギーだ。 びっくりドンキーの厨房に入ると、「30%省エネ」と書かれた四角いシールが、電灯や空調のスイッチの近くに張られている。同社は昨年から、光熱費の30%削減を全社的な目標に掲げ、各店舗で省エネルギーに取り組んでいる。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3229文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
【記事に登場する企業】
アレフ
update:19/09/24