日経ESG 2002/12号

リポート 企業と主婦のe!コミュニケーション
紙・ゴミ・電気は第一歩 やることは、まだまだある
職場のECO度

 最近は仕事を持つ主婦も多い。その職種・職域も多様だ。今回は会社・職場の環境対策を主婦の目で点検してみた。 日ごろ、家庭で省エネやゴミの分別、節約を心掛けている主婦社員の目には、会社・職場は無駄が多いと見えているのか。また男性社員の環境に対する意識をどう感じているのか。彼女たちがそれぞれの会社・職場の「ECO度」をどう思い、どう感じているかは興味深い。(146〜147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2986文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
【記事に登場する企業】
CBTカプトブレーントラスト
総務省
update:19/09/24