日経情報ストラテジー 2003/01号

特集1 強い会社の必須条件 闘う「企業遺伝子」 PART6 提言
「分かりやすさ」が定着のカギ
PART 6 提言

 1899年創業のサントリーと、1918年創業の松下電器産業。企業遺伝子を考えるうえで、この2社は示唆に富む。 ほぼ同時代に大阪の街の片隅で産声を上げた2社は、100年近い年月の間、厳しい競争に競り勝ち、日本を代表する企業へと成長した。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3601文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
金沢工業大学
サントリーホールディングス
日本IBM
パナソニック
update:19/09/24