日経情報ストラテジー 2003/01号

レポート モバイルワークスタイルの定量効果
事例に学ぶ成功の条件
モバイルワークスタイルの定量効果

 業務上で携帯電話やPDA(携帯情報端末)といったモバイル機器を活用する企業が増えている。総務省の「平成13年通信利用動向調査」によると、日本企業におけるモバイル機器の普及率は、携帯電話が61.4%、ノートパソコンは56.7%と広く定着ている。 さらに、社外からモバイル機器を使って社内のシステムに接続可能な企業も、前年の26.1%から42.8%へと急増している。(71〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3269文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > その他(携帯電話・モバイル情報端末)
【記事に登場する企業】
アクセンチュア
NECソフト
update:19/09/24