日経SYSTEMS 2002/12号

特集 Part2●予防 テストの死角
周到に計画し時間と人を重点配分 バグを生み出す上流をたたけ
Part2◎予防

テストを効率的に行うためには,計画の作成と工程管理,最適なリソース配分や情報の共有など,テスト工程での工夫が欠かせない。しかし,それ以上に,新規コーディングの削減,あいまいさや手戻りのない仕様策定など,バグを生み出す上流工程での対策が重要だ。(134〜141ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8807文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
【記事に登場する企業】
エス・キュー・シー
エムブイピー
KDDI
ディー・エヌ・エー
日立ソリューションズ
メンバーズ
update:19/09/25