日経IT21 2003/01号

失敗から学ぶIT化の落とし穴 わずかな成功に慢心して真のIT化を逃す
一般社員の反発を恐れた中間管理職 本格的なIT化に踏み切れず機会ロス
わずかな成功に慢心して真のIT化を逃す

成功体験が改革をこばみ、気が付くと市場の変化から取り残されている——というのは企業経営ではよく聞く話だが、IT化でも同じことがいえる。段階的にIT化を進めていくことは良いやり方だが、初期段階の成果で満足し、先に進むのを止めてしまうと、本当は得られたであろう大きな成果を逃してしまう。(114〜117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4962文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/25