日経Windowsプロ 2002/12号

レポート
ターゲット・ユーザーを変え ペン入力の普及を狙うタブレットPC
立ちながら操作できるノートPCで 一歩進んだモバイル環境を提案

●マイクロソフトが11月に投入した「タブレットPC」は,同社にとってペン入力コンピュータで“4度目の正直”を狙う戦略的な製品だ。●立ちながらでもメールや文書の確認が簡単というペンの特徴を生かしながら,既存Windowsアプリケーションもそのまま利用できることで,従来とは異なるハイエンド・ユーザーをターゲットにしている。(14〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4094文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > Windowsノートパソコン・タブレットPC
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
【記事に登場する企業】
NEC
東芝
日本ヒューレット・パッカード
日本マイクロソフト
パナソニック
ワコム
update:19/09/25