日経Windowsプロ 2002/12号

ニュース
次期OfficeのOffice 11にベータ版が登場 9x/NTなど古いWindowsはサポート対象外に

 米Microsoftは10月中旬,Office XPの後継製品「Office 11」の最初のべータ版をリリースした。Office 11は米国で2003年半ばに出荷を予定。XMLをネイティブのファイル保存形式に採用しており,異機種が混在する環境での相互運用性が高まるだろう。これまで独自のファイル形式で競合製品への優位性を保ってきたMicrosoftにしてみれば大転換といえる。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1103文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
【記事に登場する企業】
米マイクロソフト社
update:19/09/25