日経Windowsプロ 2002/12号

特集1 障害対策技術を無駄にするPCサーバー信頼
RAIDやUPSだけでは障害を防げない 過剰な期待が高度な技術を無意味にする

 PCサーバーの信頼性が,意外なところから崩れている。システムを障害に強くする技術が,効果を発揮しない例が目立ってきたというのだ。 「ハードディスクの故障を回避するためインテグレータに薦められてRAID(Redundant Arrays of Independent Disks)構成にしたが,役に立たなかった」。(62〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5166文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > サーバーマシン*
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
情報システム > システム運用管理 > クラスタリング・負荷分散ソフト*
情報システム > システム運用管理 > バックアップ・リカバリ
情報システム > ストレージシステム・ソフト > バックアップ・リカバリ
【記事に登場する企業】
NEC
デル
日本ヒューレット・パッカード
日本IBM
update:19/09/25