日経Windowsプロ 2002/12号

特集1 障害対策技術を無駄にするPCサーバー信頼
障害対策のレベルアップは管理に余裕を生む 技術の限界をわきまえて常に増強を目指そう

 システムが出す“SOS”を迅速に管理者に通知する仕組みを作ったら,一段落である。SOSが届いたときに適切な回復作業を実施できる体制作りに焦点が移る。社内の管理者を教育する,外部に回復作業を委託する体制を整えるなどになる。ただし,障害のレベルは様々だ。(72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1250文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > サーバーマシン*
情報システム > システム運用管理 > バックアップ・リカバリ
情報システム > ストレージシステム・ソフト > バックアップ・リカバリ
update:19/09/25