日経Windowsプロ 2002/12号

特集2 クライアントPCの設定・構成術
導入編:ディスク複製で多数のPCを効率よく設定

 クライアントPCの基本設定ができあがったら,次は導入に向けた詰めの作業に入る。図6は東急建設がクライアントPCに実施した作業項目の一覧だ。多数のアプリケーションをPCに標準インストールし,各種のカスタム設定をしてユーザーに配布している。 これは,PCにアプリケーションを追加インストールしなくても,標準仕様のPCで業務を十分遂行できるようにする狙いがある。(82〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2569文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 クライアントPCの設定・構成術(76〜81ページ掲載)
どんなソフト障害も20分で解消する
特集2 クライアントPCの設定・構成術(82〜83ページ掲載)
導入編:ディスク複製で多数のPCを効率よく設定
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > IT資産管理*
【記事に登場する企業】
東急建設
日本ヒューレット・パッカード
update:19/09/25